EVOTEC カットボックス取付事例 1


YAMAHA MT-07

タンデムシート下の収納部分にカットボックスを設置可能です。ただしETCも収納する際は若干の工夫が必要かもしれません。


YAMAHA YZF-R25,03 MT-25,03

タンデムシート下の収納部分にカットボックスを設置可能です。純正バッテリー端子のサイズがM5の為、付属のM6端子では対応できませんのでご注意ください。


YAMAHA トレーサー TRACER

タンデムシート下までカットマスターを持ってくるこはできません。ただフロントシートをワンタッチで取ることができるためドライバー等の用意無しでバッテリーオフが可能になります。

バッテリーを外すのが想像以上に手間なのでワンタッチオフは非常に便利です。


HONDA X4

車載工具入れの部分に設置するのが最も安全で容易に取付けできる場所です。ただ、カットボックスに付属するハーネスの根元部分を折り曲げる加工が必要になります。車載工具の移動とハーネス折り曲げ加工をすれば取付け可能です。

※製品の加工につきましては安全な配線処理を含め、オートバイプロショップ様にご相談ください。


HONDA CB750F ’84

ワンタッチで取外しできるサイドカバーを外せば、簡単にカットオフ可能です!

車体から出ているマイナス線をカットマスターに直付けできる為、非常に簡単に、スマートに設置することが可能です。放電率が約1%/月のリチウムバッテリーと組み合わせれば、秋にカットオフして春にオン。充電無しで簡単に走り出すことができます。

取付事例2はコチラ